Vプリカ ポイントサイト

審査不要・即発行のクレジットカードVプリカとは

ネット専用のプリペイド式のクレジットカード、それが「Vプリカ」

 

 

 

ネット上のコンテンツ限定(ネットショッピングなど)ですが、
普通のクレジットカードをもたなくても、このVプリカなら決済が可能です。
もちろんショッピングでなくても、Itunesストア・Googleplayなどの
バーチャルコンテンツにもしっかり対応しています。

 

最近ではこのVプリカの知名度が上がっており、
注目されているサービスなのですが、その具体的な内容を説明しましょう。

 

 

 

 

 

 

Vプリカを発行するメリット

 

審査いらずで発行がスピーディー

 

一般のクレジットカードを発行するとなると、
まず最初の段階として審査を必ず受けることになります。
本当にこの人は信用できるのか・・・・・という厳正な審査ですので、
当然時間が掛かり、そして審査の末に落ちて結局発行できずじまいというのもあります。

 

しかしVプリカは面倒な審査を必要とせず、更に発行も約1時間程度なので
普通にクレジットを発行することを比べるとかなり時間も短縮できます。

 

Vプリカはコンビニに設置されている専用端末で購入できるので
すぐに足を運べる距離ではあると思います。

 

 

セキュリティ面が強く、悪用される可能性が激減

 

一般のクレジットカードはもちろんカードという形で現物として存在します。
なのでもしこのクレジットカードをなにかの拍子で落としてしまい、
ヘタをすれば悪用されて高額な請求が来てしまうということもあるでしょう。

 

Vプリカの場合は普通のクレジットカードのように、
現物としてカードが存在せず、完全にバーチャル内でのカードとして扱うので、
カードの紛失等を防ぐことが出来ます。

 

さらに、Vプリカでは新しくカードを購入することで、
その都度クレジット番号が変わります。
普通ですとクレジットカードは番号を変えることができませんので、
このあたりどうしても脆弱性が顕著に出てしまいますが、
Vプリカは番号が変わるということですので、
他人から悪用される可能性を劇的に下げる効果があります。

 

 

未成年や破産していても持つことが可能

 

クレジットカードは一応18歳から持つことはできますが、
まず20歳を超えないと審査が厳しすぎるため、
ほとんどの確率で審査の時点で落とされてしまいます。

 

そしてもうひとつ、破産者、そうでなくてもステータスがグレーもしくはブラック
こういった場合でもクレジットカードにありつけることはほぼできませんが、
Vプリカなら未成年OK・ステータス関係なしですので、敷居が低くて良心的です。

 

 

Vプリカはこういった点ではかなりのメリットがあります。
審査を不要とし、尚且つその日に発行ができてしまうという
優れた点を持っていますが、その反面デメリットも存在します。

 

 

 

 

Vプリカのデメリットは意外と多い

 

 

手数料が無駄に掛かかってしまう

 

 

※休眠カード維持費

 

Vプリカを発行もしくは最後に利用した月から何もせず3ヶ月を経過した場合、
翌月25日に月額125円がVプリカの残高から引かれてしまいます。

 

なので引き落とし日前日の24日までに1回でも利用することで
休眠カード維持費を支払うことを回避できます。

 

 

※Vプリカの購入にはその都度手数料が発生

 

 

 

例えば3000円のVプリカを購入するには、3200円を支払わなければならないので、
ここでは余分に200円掛かってしまうことになります。
7000円の場合はなぜか280円が余分に掛かってしまいますが・・・・・・w

 

Vプリカはよくある電子マネー(WAON・ICOCA・Edy)のように、すぐにチャージすることができません。
チャージはできることにはできますが、そのためにはまた新たにVプリカを買わなければなりません。

 

ということは購入ごとに手数料がかかってしまうわけですから、
Vプリカを頻繁に買ったりしていると当然無駄な出費になってしまいます。

 

もしあなたがVプリカをこれから長く使っていく予定があるのであれば、
無駄な出費をできるだけ大きい金額のVプリカを購入しておくといいでしょう。

 

 

 

Vプリカを利用できない場合や場所

 

Vプリカはネット上のコンテンツに使えるということですが、
中には利用できない場所やコンテンツも存在しますので、
Vプリカの購入前には事前にチェックしておく必要があります。

 

いざ利用しようと思って購入したけど利用できないということにならないように、
ガッカリする前に目を通しておくことをおすすめします。

 

利用不可の場所やコンテンツ>

 

 

 

クレジットによくあるポイントや特典は無し

 

普通クレジットカードで何か買い物をするとなると、
200円で1ポイント進呈、などといったそのクレジットカード特有のポイントがあったり、
何万円以上お買い上げいただいたお客様に次の引き落とし金額から3000円分を
引かせていただくといった特典が存在します。

 

クレジットを使う上では最大の魅力であるこの特典などですが、
Vプリカはお得な進呈は0ですので、
使っていても面白さがないというところが挙げられるでしょう。

 

 

 

何円が残金が残ってしまうことが多い

 

 

Vプリカは現金と併用することができないので、
0円きっちりカラになるように使い切ることが非常にむずかしいです。

 

例えば、残金が7円だったとして、
7円ではおそらくほとんど買えませんよねw たぶん・・・・・・
そして現金を併用ができないため、Vプリカを買い足す必要があります。

 

Vプリカの最低購入額は500円分ですので、
それを購入して繰り越すことはできますので、7円を足せば507円になりますね。
でも結局はまた新たに買わなければならない形となるので、
このあたりはものすごくもどかしいかもしれません。

 

 

 

 

 

 

 利用明細はどうなる??

 

Vプリカは利用明細の発行しておらず、
自分のMYページからしか見ることができないようになっています。

 

なので、自分がMYページを他人に教えない限り、明細も闇の中にいる状態ですので、
なんやかんや利用価値がありそうですねw

 

 

通常のクレジットカードですと、特に家庭での生活目的で
使用している場合ですと、明細はおそらく共有している形になっているので、
何に使っているか結局バレてしまいますね。

 

Vプリカはそのあたりは気にせずどうやらいろいろと使えそうです。
別に私は変なことに使えとかは言っておりませんw

 

 

 

 

 

 

 

Vプリカの個人的な感想

 

審査不要・即発行・セキュリティ面は優れているのですが、
デメリットである手数料・利用できない店舗の多さを考えると、
どうしても使う気になれない部分もあり、
積極的に使おうというところまでいきません。

 

今のところ私個人としてはVプリカを中心に決済するということはないですね。
ただこれからこのデメリット部分が改正されていけば、もしかしたら利用していくかもしれません。
これはあくまで個人的な意見です。

 

 

 

もちろんメリットもあるわけですから、使いたい人は積極的に利用してください。

 

 

 

 

Vプリカをタダで手に入れるために!

 

とりあえずVプリカを買うには、まずお金が必要になりますので、
その資金を得るためにもポイントサイトを有効に活用してください。

 

 案件をひたすら利用する

 

文字通り、案件をひたすらに利用していけばたくさんポイントを得るわけですが、
特に案件をたくさん使うのであれば、ライフマイルに軍配が上がります。

 

スマイルランク制度により、たくさん案件を申し込んで
ポイントを得ることでランクが上昇し、
プラチナ会員に到達するとで別途で20%のポイントを受け取ることができますので、
このボーナスポイントで爆発的なポイントを獲得出来ます。

 

 

 

 

 

 

アプリダウンロード

 

まずおすすめする案件は、一番手軽で即効性のあるアプリダウンロード系を実践することです。

 

これを紹介しているページにも書いていますが、
何かとこの案件は労力と時間がかかりません
それでいてそこそこのポイントを稼ぐことができます。

 

アプリダウンロード系はよく更新されていますし、新鮮な案件が多いです。
ひと月実践すれば意外と溜まっていますので、これはぜひ実践してみてください。

 

ちなみにアプリダウンロードを実践するのにまず一番おすすめの
ポイントサイトはげん玉、その次にモッピーです。
その訳はアプリダウンロードの記事を参照してください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

げん玉CROWD

 

案件を実践する以外でポイントを貯める方法としては、
記事作成を中心に行ってポイントをゲットするクラウドがお勧めです。

 

タイピングを必要とし、そしてある程度の文章力とテーマを
知っておかなければならないため、確かにスキルを必要としますが、
それらが備わっているのであればこのクラウドがあなたにピッタリといえます。

 

このスキルが高ければ高いほど、
作業時間が短く済んで、時間とポイントの比率の割合が
格段に良いといえますのでクラウドもオススメの一つです。

 

クラウドはげん玉を連動していますので、
げん玉から登録すればすぐにでも実践可能です。

 

 

 

 

 

 

 

ポイントサイトから直接Vプリカへ交換

 

 

Vプリカに対応しているポイントサイトはかなりあるのですが、
一度に交換できる大きさと手数料と考えると、
げん玉から交換するほうが一番良いと言えます

 

(ちなみにげん玉のポイント交換は、一旦ポイントエクスチェンジに移行してからとなります)

 

 

 

ほかのポイントサイトでVプリカを交換するとなった場合、
大体1回の交換で500円単位でしか受け付けておらず、
その上交換のたびに手数料が掛かりますので、損することが大きいです。

 

 

 

 

 

↓ポイントエクスチェンジの画面

 

 

 

ポイントエクスチェンジなら最大3000円で交換することができるようになっていますで、
ほかのポイントサイトと比べたら一度に多くのVプリカへ交換できます
(ポイントエクスチェンジはライフマイル・げん玉が対応しています。)

 

 

 

しかしよく考えると、3000円の交換で400pt、つまり400円分の手数料が必要になり、
普通に3000円のVプリカをコンビニなどで購入すると手数料は200円で済みますので
こう見るとポイントエクスチェンジから交換すると損かもしれません

 

 

ただ月一回ポイントエクスチェンジに交換するときに
交換手数料無料券(有効期限は配られたその月)が手に入るので、
それを利用すれば抑えることが可能です。

 

しかしこれはあくまで1回の交換だけですので、
複数Vプリカへの交換となってしまうとどうしても手数料が掛かり、
結果的に損をしてしまいます。

 

3000円以上の大きな金額でVプリカを購入したい場合は、
素直にポイントを一度現金として振り込んでもらい、
それから通常にVプリカを購入する形がいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

確かにVプリカの交換への手数料などを考えればげん玉に軍配が上がり、
げん玉以外のサイトは直接Vプリカへの交換は痛い部分が多いです。

 

でも直接交換せずに、一旦現金として振り込んでもらってから
コンビニでVプリカを購入すれば無駄な購入手数料はかからないので、
げん玉以外のポイントサイトから得たポイントの場合は、そういった方法を取るといいかもしれません。

ポイントサイトランキング




モッピー

モバイル案件・無料お試し案件が神案件に化けていることが多い

元々モッピーはモバイル系の案件を得意としていたためか、
いまでもスマホ版のモバイル案件が他のポイントサイトよりも数が多い。
そしてそのモバイル案件をうまいことこなすことにより、お小遣いを貯めることができてしまう。
無料お試し案件も高ポイントが手に入るので、もし今まで無料お試し実践していないのであればチャンス!!
いきなり3000円を超えるお小遣いを獲得することができる。

 
モッピーの詳しい内容をチェックする=>







げん玉
貯め方が豊富でコンテンツがかなり充実しているポイントサイト

キャンペーン開催頻度が異常に高く、高ポイントをゲットできるチャンスに遭遇しやすい。
そしてクラウドサービスの利用で、案件をこなしていくこととほかにポイントを貯められるので、
とにかくお小遣いを手に入れることができる。
その他にも様々なコンテンツが揃っており、使っていてマンネリを感じさせないポイントサイト。


げん玉の詳しい内容をチェックする=>






モッピー げん玉 ライフマイル キャンペーン サイトマップ